採用 > 仕事の流れ

商流

商流

仕事の流れ

見積依頼 商社あるいはメーカーから見積依頼が来る。
メーカーから仕様書をもらう。
実験、構想 1.低高温検査装置や硬化炉などでは、ワークに冷風や熱風を当てて実験をし、概要を決める。
 実験結果(プロファイル)も併せて提出する。
 防湿剤塗布機の場合は、塗布サンプルを顧客に提出する事も多い。
2.設計者が大雑把な構想図を作る。
見積書作成 3.営業部長か設計者が見積を作る。
 金額や工数を見積もるのには、システムproject_managerで類似の装置の実績を参考にする。
4.営業部長あるいは設計者の見積を元に営業が見積書を作る。
 見積書を作る際にプロジェクト番号を取得する。
 プロジェクト番号は連番。
5.完成した見積書は社長が承認する。
 システムproject_manager上で承認する。
 承認後はデータを書き換える事ができない。
6.お客様に見積書を送る。
 通常はメールに添付
受注 1.顧客から連絡がある。
2.営業がプロジェクトを受注済みにする。
 新規プロジェクトの場合は営業がモデル番号を決める。
3.部長がプロジェクトの担当者を決める。
構想設計 1.機械設計者が3Dの機械のモデルを作る。
DR(Design Review) 1.お客様の元へ行き、設計した機械を説明する。
 3DCADのデータが入ったノートPCを持っていく。
 作ったモデルを元にお客様と検討する。
承認 1.機械設計者がお客様に機械の概要がわかる資料を提出する。
 3DCADで作った図面(承認図)をPDFにしてメールで送る。
2.お客様が承認図をチェックする。
 問題がなければ、承認し、エーアイテックに通知する。
3.承認図が承認されたら、その装置をつくり始める。
電装設計 電気のエンジニアが電気の部材選定と電気配線の設計
AutoDesk社のElectricalを使う
制御設計 電気のエンジニアが機械の制御設計を行う。
出図 設計者が部品表と図面を資材に提出する。
部品は購入品(モータ、センサなど他メーカー製品)と加工品(社内で設計した部品)に分かれる。
購入品は部品表にだけ記入、加工品は部品表と共に図面も提出する。
図面のチェック、整理 1.図面に間違えがないか確認する。検図という。設計した人と別の設計者か資材が担当する。
 検図をした人が図面にサインをする。
2.部品表をチェックする。
部品発注 1.設計者が作った部品表をシステムに取り込む
2.各部品に工程を追加する。
3.高価な部品に関しては見積を取る。
4.FAXにて発注する。
5.CAD図面、3Dデータが必要な場合はメールで加工屋さんに送る。
部品の受け入れ 1.業者から届いた部品をシステムに登録する。
2.加工品は図面通りにできているか確認する場合もある。
3.追加工やメッキ、塗装、表面処理などある場合はそちらへまわす。
4.部材の棚に仕分けする。
部品加工 基本的には外注で加工してもらっているが、急ぎや大きなものを社内で加工する。
設計ミスや加工ミスも社内で加工する事が多い。
マシニングセンタ3台と手動の工作機械が一通りある。
機械組立 組図、ノートPCの3Dモデルを見ながら組立をする。
原則、設計者が組立し、機械2部や外注がサポートする。
菊池部長、三村さんが割り振りをする。
ただし、リピートや新規性が低い製品は設計者が組立にほとんど参加しない事も増えている。
設計ミスや加工ミスがある場合、工作機械で手直しする。
修正した際には、ファイルの図面に赤文字で修正を加え、修正部品リストに記載する。
ユニット組立 2階でも組み立てられる小さなユニットは2階で組み立てて、1Fの機械と合体させる。
冷凍機、熱風発生器、ドライヤーユニット、ポンプユニット、断熱パネルなど
電装盤作成 電気のコアとなる部分を別で作って後から装置に組み込む。
2Fで配線したり、外注に依頼したりする。
最終的には装置に組み込むか、装置の横に置く。
電気配線 1.電装図面に従って配線をする。
 電装盤も組み込む。
2.最後に配線が正しいかチェックする。これをIOチェックという。
調整 機械設計者が機械が動くように調整する。
センサーの位置、エアー機器のスピード、ストッパーの位置決め等
デバッグ 電気制御技術者が作った制御ソフトを装置にインストール。
ソフトがしっかり動くように間違えを探す。
ランニング 機械を動かして、問題を探す。
ワークを投入し実際に作ってみる。
例えば、防湿剤塗布装置なら基板に防湿剤を塗布してみる。
温度が関係する装置ではプロファイルを取る。
立会 お客さんがエーアイテックに来社し、機械を見て問題点を指摘する。
指摘された問題点はリストアップして、原則出荷までに対応する。
出荷の1週間くらい前に来るのが普通。
装置が動く前に、進捗状況を見に来る事もあり、中間立会という。
出荷 1.社内で梱包する。
 動く部分を結束バンドで固定、パトライトなど外し、液晶パネルを段ボールなど保護
 エアキャップとラップで巻く。
 ワークやパレットなど小物は別途段ボールで梱包
2.輸送業者に依頼し、エーアイテックから客先に運んでもらう。
現地調整(現調) 1.運送業者に運んでもらった装置を、客先で組み立てる。
 メカ設計者、電気設計者の他、メカ組立技術者や電気配線技術者も必要
2.お客様の製品を作る。
 電気技術者が最後まで残って完成させる。
ドキュメント提出 操作マニュアルやメンテナンス資料などドキュメントを作りお客様に送る。
海外への輸出案件は外部業者を使う事が増えている。
検収 装置が目的通り動くようになると、お客様(メーカー)が支払いを承諾する。
請求 検収が上がると、管理からお客様(商社)に請求書を発行する。
入金 商社からお金を受け取る。
手形やファクタリング、現金などの方法がある。
通常、検収があがってから4か月程度で現金化される。
図面の修正 組立中に組立作業者が修正した図面をマスターに登録する。
機械図面は機械設計者・機械設計補助
電気設計は電気設計者・電気設計補助