採用 > 仕事の流れ

商流

商流

仕事の流れ

見積依頼 ・商社あるいはメーカーから見積依頼が来る
・メーカーから仕様書をもらう
実験、構想 ・仕様に応じて実験をし、概要を決める
(低高温検査装置や硬化炉などでは、ワークに冷風や熱風を当てて実験をする。
 防湿剤塗布機の場合は、塗布サンプルを提出する事も多い。実験結果も併せて提出する。)
・設計者が大雑把な構想図を作る
見積書作成 ・お客様に見積書を送る
受注 ・正式に仕事の注文を受ける
構想設計
DR(Design Review)
・機械設計者が3Dの機械モデルを作る
・お客様の元へ行き、設計したモデルを説明、内容を検討する
承認 ・お客様が構想図を承認する
電装設計 ・電気のエンジニアが電気の部材選定と配線設計をする
制御設計 ・電気のエンジニアが機械の制御設計を行う
出図 ・設計者が必要な部品表と図面を資材担当に提出する
図面のチェック、整理 ・図面に間違いがないかチェックをする
部品発注 ・設計者が作った部品表をもとに部品を発注する
部品の受け入れ ・業者から届いた部品をシステムに登録、仕分けをする
部品加工 ・追加工やメッキ、塗装、表面処理などある場合は発注をする。急ぎや大きなものは社内で加工をする
機械組立 ・組図、3Dモデルを見ながら組立をする
・場合により図面に修正を加える
ユニット組立 ・機械によってはユニットごとにごとに組立、最終的に合体をする
(冷凍機、熱風発生器、ドライヤーユニット、ポンプユニット、断熱パネルなど )
電装盤作成 ・電気のコアとなる部分を別で作って後から装置に組み込む
電気配線 ・電装図面に従って配線、電装盤を組み込む。
・配線が正しいかチェックする
調整 ・機械設計者が機械が正常に動くよう調整をする
 (センサーの位置、エアー機器のスピード、ストッパーの位置決め等)
デバッグ ・電気制御技術者が作った制御ソフトを装置にインストールする
・ソフトがしっかり動くように間違えを探す
ランニング ・機械を動かして、問題を探す
・ワークを投入し実際に作ってみる
・温度が関係する装置ではプロファイルを取る
立会 ・お客さんがエーアイテックに来社し、機械を見て問題点を指摘する
・指摘された問題点はリストアップをし、原則出荷までに対応する
出荷 ・エーアイテックから客先に向けて機械を送り出す
現地調整(現調) ・各部署の設計者、技術者が装置を客先で組み立て、製品を完成をさせる
ドキュメント提出 ・操作マニュアルやメンテナンス資料などドキュメントを作りお客様に送る
検収 ・装置が目的通り動くようになると、お客様(メーカー)が支払いを承諾する
請求 ・検収が上がると、管理からお客様(商社)に請求書を発行する
入金 ・商社からお金を受け取る。